大航海時代Onlineプレイ日記。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
剣極意
グリフォンGETし調子に乗ってカリブに収奪レアハントしにいってきました 鴻李ですこんばんみ。

標的はもちろん提督服地図究極剣レシピ
だいぶ落ち着いてきた感と時間帯が遅いせいもあってか
あまり同業者ともカチ会わずマターリサンファン前を巡回しております♪

武装商船を梯子して護送待ちつつバッカニャンでちょこっと経験値稼ぎ~のローテーション。
嵐に悪態つきつつ 何度目かの護送艦遭遇で船を寄せると・・・

031207-002015.jpg

涙ながらに語った我が艦の経済危機に同情した彼らは
快く2冊目の極意とわずかの敵対値を差し出してくれました。。。

う・・うん・・・これも あ、ありがたいんだけど・ね?
でも できれば もっと薄~い紙切れがほしいかな~?w
なんて 鴻李思ったりするんだけどぉ~?

地図はまだくれないのね(´・ω・`)
>>続きを読む
スポンサーサイト
グリフォンゲッツ!
030407-013255.jpg

よくやったルカ!
(初の強奪スキルでレアゲットではないか?!)

付けてみた↓

030407-022400.jpg
ホクホクw

>>続きを読む
大~海~戦~
行って来ました大海戦!
今回は土日2日間のフル参戦です。

一日目

前々回だったかな?の大海戦でご一緒した炭焼き納豆氏が
艦隊員募集してたのでお邪魔させていただくことに。

この日の戦功は51
めでたく爵位を戴きましたw

111106-233858.jpg
残念ながらSS集合したときには既に何名かオチてらっしゃいました;;

どうしても黒氏が視認してるSS載せたかったのですが名前消してるのしかなかった><
ということで望遠鏡を構えているのが氏。
彼なりのダンディズムでSSに顔は写さないらしい。イケメンなのに勿体無いですねぇ~
つぅかオモロイ人でした~

その手前に立っている羽ボネのかわいこちゃん(!)がピンタさん
物凄いアタッカーで、うちの艦隊での敵艦撃沈率は一番なんじゃないでしょうか?
敵旗艦に体当たりでガンガン足止めに行ける豪気なお嬢さんでしたw
そしてやっぱりオモロイ人でした~

そしてワタシの隣に座っている紫髪が我らが旗艦炭焼き納豆
とても戦闘に貪欲な方で、NPC狩り中心といいながらPCにも臆さず挑み、
自国のNPC艦隊の援軍にも迷わず入るあたりかなり好戦的。
かといって不利とみれば撤退の判断も早く、敵艦に囲まれての粘りも相当すごかったです。
(まず 旗艦を敵に囲ませちゃいけないのですがね><)

SS左側の方々はペアを組んでくれていたメンバー。
いかついお兄さんが青熊餅氏
かわいらしい少年が銭屋五兵衛氏
濡羽の美女がアンナロートさん
茶髪なおねぇさまがウェリアさん です。

みなさんとっても良い方でした~


二日目

前日と同じメンバーで臨むことが出来、ぼちぼち連携らしき片鱗も見え隠れ?
NPCがまとまって沸くボーナスタイムに当たったこともあり戦功は跳ね上がり・・・

111206-230014.jpg
またも爵位が来ましたw
2階級特進(違)ですよ!!!

111206-231419.jpg

ご縁があればまたご一緒したい素敵な方々でした~



111306-000116.jpg
ということで ワタシもついに准二等勲爵士!
騎士にはまだまだ遠いです~


(以下自主反省会)

さてさて 今回の海戦、
自分的にかなり満足のいく動きが出来たと思います。
PC戦も慣れてきたのか あまり強張った緊張はせず、
旗艦撃沈はこそあまり出来ませんでしたが、
討ち取った艦はワタシが沈んだそれよりもかなり多い。

とあるPC戦、旗艦周辺の混戦とは別のところに外れたワタシは敵艦2隻に挟まれましたが、両名とも返し討つ事に成功。勝利。

また別のPC戦では、ワタシ含め3名が、やはり旗艦から離れた位置で
サシで睨み合うカタチになり、
下手に旗艦に寄ろうとすれば 沈められる・と各々円周運動から離れられず膠着状態に。
不意に隣で回っている敵艦が、
ワタシが見えていないのか船尾を向けたままでいるのに気付き、
ターゲット変更。見事クリが入り撃沈。
2対1の形になったところでもう一隻もクリで撃沈。
旗艦の援護に向かおうとしたところ、
ガレーが一隻、停船したままスキルを連発しているのを発見。
どうやら修理外科を一手に行っている模様。
接近するワタシに気付かないようで、逃げる気配もないので 背後から一撃。
近かったので サシで回っている最後の一人の援護に回り、
遠方からクリでとどめをさし撃沈。
その直後に敵旗艦を討ち取ったらしく 勝利。

この2戦は特によく動けた と思います。

ですが・・・
そう、ワタシは旗艦から離れていることが多いのです。
殆どの場合 ワタシたちが仕掛け艦隊だったので、
うちの旗艦が沈めば敗北なわけです。
どんなに有利に進めていたとしても、納豆氏が墜ちれば負けなのです。

そういう意味で ワタシは護衛としての仕事は殆ど出来ていません。
旗艦への射線に立ちふさがり、身を挺して旗艦への足止めを阻止する・・

次回海戦ではそのへんもうちょっと出来るようになりたいなぁ・・
>>続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。